キャリアアップのために

看護師のキャリアアップと聞いて、あなたはどのようなイメージを持つでしょうか。多くは認定看護師や専門看護師としての認定を受けたり、職種に関係ありそうな資格を取得するというものなのではないでしょうか。
もちろんこれらも、看護師としての明確なキャリアアップですが、それ以外にもキャリアアップの方法があることを認識すべきです。それは、例えば新たな診療科などで新たな領域の看護スキルを身につけるという事だったり、主任看護師や看護師長といって、職場の上長への昇進もキャリアアップと言えるでしょう。
この他にも、大学や短大に進学して、より高度かつ広範な知識を身につけることや、看護教員となって、看護師を目指す後進を指導するというのもキャリアアップとなるでしょう。
このように、単に看護師のキャリアアップと言っても、その方向性は様々であることが分ると思います。
こうしたキャリアアップの選択は、つまりあなたのライフプランの選択という事になります。ですので、漫然とキャリアアップと考えるのではなく、明確に自分がどのような道に進みたいかを意識する必要があります。
また、こうしたステップアップのためには、それ相応の期間や費用がかかる場合がほとんどです。しかし、実際に看護の現場で働きながらそうした時間を確保するのはとても難しいものです。
しかし、病院の中にはこうしたキャリアアップを目指す看護師に最適な職場もあったりします。そうした職場へ転職するのも、キャリアアップのための重要なステップと言えます。
転職をする理由は様々です。給与面の不満や残業の多さや休日の少なさ、結婚や出産、職場の人間関係など、その動機は枚挙に暇がありません。そんな中で自分のキャリアを向上させるのは難しいと思うかもしれませんが、看護師に限らず仕事は人生の重要な一部です。
仕事人としての自分と、仕事以外の自分のバランスを保つためにも、転職というのは1つの方法であると言えます。
自分の考える最適な労働条件の元で、自分の考える看護師としての到達点を目指すことのできる職場を求めるというのは、ライフプランとキャリアプランにおいてとても良い選択であると言えるでしょう。
自分のこれまでのキャリア、これからのキャリア、今後なりたい看護師像というものをしっかりイメージして、より良いステップアップを目指して転職を検討してみると良いかもしれません。そのためには、自らのキャリアを見つめ直す必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です